快適な部屋探しのために!気をつけたい大切なこと


誰とどんな暮らしをしたいですか?

まず考えたいのは誰と住むかですね。一人暮らし、新婚夫婦、家族連れ、おじいちゃん、おばあちゃんとの3世代同居など家族構成によって理想の家は変わってきますよね。一人暮らしなら狭いワンルームでもいいでしょうし、家族が多ければ皆が集まれるリビングと両親の部屋と子供部屋といった具合に理想の間取りが変わってきます。人数が多ければ狭い部屋が沢山あったほうが便利なこともありますし、部屋数は少なくとも広い部屋が良いといったケースもあるでしょう。理想の部屋はひとそれぞれです。

どのような環境で住みたいですか?

家の環境も重要です。とにかく駅や商店、職場などの近くがよい場合もあるでしょうし、多少不便でも駐車場や広い敷地があったほうが良いのか、自然豊かな環境がいいのか、方角はどちらがいいのか、などさまざまですね。電車やバスで通勤、通学するならやはり交通の便が重要でしょうし、車やバイクなら駐車場の確保できることが重要になってきます。小さな子どもがいれば近所に公園や学校があると便利ですし、高齢の両親がいる場合などは病院やスーパーが近所だと安心ですね。

方角による違いは重要?

方角も意外と重要です。南向きは一番日当たりが良いです。一方東向きは朝眩しく、西は夕方に眩しくなります。夏場の西向きはかなり熱くなるので分厚いカーテンが開けられなくなることもありますが、冬は結構快適になります。北向きはほとんど日があたりませんが、夏場は比較的涼しかったりします。

あなたの条件の優先順位を決めましょう

あなたにとっての必要な条件は何ですか?条件に優先順位をつけて、どうしても譲れない条件を優先して部屋探しをすれば、失敗せずに済むでしょう。

札幌東区の賃貸物件は他の地域よりも家賃が割高な傾向にあります。これは都市の再開発が進み、築年数の浅い物件が増えたためです。また、交通網が整備されていることも家賃の高額化に影響しています。