二世帯住宅を建てる際に注意しておくべきポイント


家族構成が変わった際に対応できるようにしておくこと

核家族化が進む社会にあって、両親に育児を手伝ってもらったり、両親の介護をしやすいようにするために、二世帯住宅に住む人が増えています。二世帯住宅は、自分たちと両親のそれぞれの家庭のプライバシーを保ちつつ、すぐ近くに暮らせるという大きなメリットがある反面、建てる前に気を付けておくべきポイントがいくつか存在します。そのうちの一つが、現在の家族構成は未来永劫同じではないということです。いずれ両親は年老いて介護施設に入所したり、この世を去ってしまったりするため、そのような場合に空いてしまった両親の家をどのように活用するかを事前に決めておくのが重要なのです。空き部屋のまま放置しておくと建物が傷んでしまいますし、せっかくの建物が有効に活用できなくなるため、できれば壁を取り払って自分たちの家とつなげられるような設計にしておくと良いでしょう。

両親が身近にいて問題ないか確認しておくこと

また、二世帯住宅を建てる際には、自分たちと両親との関係性についてもしっかりと確認しておく必要があります。それまでは、良好な関係を保てていると感じていても、同じ建物の中に暮らし始めた途端に距離感が縮まって嫁姑の関係がうまくいかなくなるといったケースは珍しくありません。相手が近くにいると、些細なことでもつい口をはさみたくなりますし、相手の嫌な面もこれまで以上に見えるようになるため、本当に二世帯住宅にしてしまって問題ないかは両家族の間で時間をかけて何度も議論してみる必要があるのです。

二世帯住宅は、その名の通り親世帯とその子供世帯の二世帯で住むことを想定されて建設された住宅です。玄関や水回り設備も二世帯分用意されており、独立した生活が可能な造りとなっています。