設計費用を抑え自由な家造りが実現できるローコスト住宅


住宅ローンなどの支払額を抑えられるローコスト住宅

念願のマイホームを建てた後、今後の生活で一番の不安要素となるものが、住宅ローンなどの支払総額です。住宅を建てた費用の総額に対して、数十年単位で支払う住宅ローンの支払額が変動してきます。こうした住宅ローンの支払額を減らすために、最適な注文住宅の建築方法として、ローコスト住宅があります。住宅に使われる建築資材や工期を短くするといった方法によって、日常生活に必要な機能を備えた住宅を低予算で建築できるといった、メリットを持っています。

ローコスト住宅ではコスト以外のメリットも生まれる

設計から建築に至るまでにかかるコストを抑えるため、工期を短くし、建築素材もなるべく安いものを選びます。その上で、一定基準以上の住宅性能を持って完成させた注文住宅が、ローコスト住宅と呼ばれます。一般的な注文住宅と比較して、おおよそ1,000万円以下のコストで抑えられる点が最大の魅力と言えます。加えて、フローリングの床に使われる素材を低廉化したものにする一方で、より高性能なエコシステムを追加するなど、注文者の意向に沿った住宅づくりができるという特徴もあります。

ローコスト住宅ではこんな家が建てられる

ローコスト住宅の場合、建築方法などがシンプル化されている点もあり、2階建ての箱型タイプになるケースがほとんどです。1階にリビングと台所などの機能を集約させ、2階は洋間を3部屋にするといった、2世代型の家造りが可能となっています。湿気をこもらせないよう、部屋の入口を広げた間取りにし、家を広く見せる壁紙を選んで、ゆとりのある構造にするといった方法も採用可能です。

ローコスト住宅は、機能や品質を落とさずに従来より安い価格で魅力的な注文住宅を建てられるので人気があります。