動線を考えよう!失敗しない間取りの決め方とは?


効率重視なら動線を短くしよう

住宅の間取りの取り方によって暮らしぶりにもかなりの違いが生じます。家の中では無駄をなくして効率的に過ごしたいと思っているなら動線を短くするように設計しましょう。寝室と玄関、リビング、キッチンを行き来する生活が多いので、これらを互いに近くにするのが基本です。また、家事の動線を短くすると色々な家事を同時並行で効率的に行えるようになります。生活を効率化したいと思っている場合にも、具体的にどんな無駄をなくしたいかを考えてみるのが大切です。また、家族の中で誰が効率重視で生活する人かを考え、その人の動線を極力短くするように間取りを作り上げても良いでしょう。動線の長さという視点を持つと上手な設計ができるのです。

コミュニケーション重視なら動線をクロスさせよう

動線に基づく間取りの作り方でもう一つ気にかけておきたいのがクロスさせるかどうかです。廊下をすれ違う、同じ部屋に入るといった動きがあるとコミュニケーションを取る機会が増えます。家族一人一人の動線を考えて、できるだけクロスするように間取りを作り上げると、家族同士のコミュニケーションが豊かになるでしょう。特定の誰かと誰かはよく会うようにして、誰かと誰かは会わないようにするといった設計もできます。二世帯住宅などを設計するときや、思春期の子供がいる家庭で注文住宅を建てるときにはとても重要な考え方です。家族同士の仲の良さをよく考えて、誰もが快適になるように動線を意識した間取りの設計を行うようにしましょう。

住みたい街ランキングにおける不動の一位と言えば、横浜です。都心へのアクセスが良好で洗練されたお洒落な街に住みたいという願いを叶えるための手段が、横浜の注文住宅の購入です。