家づくりはここが大切!災害に強い土地探しのポイント3選


どんなポイントがあるの?

家づくりで重要なことは、購入しようとするエリアがどのような土地であるかを調べることです。災害に強いエリアを選ぶポイントは、地盤の強度や水害発生のリスク、建物の密集度の3点を知ることです。現在ほとんどの自治体でハザードマップを作成し、ホームページなどで公開しています。これらの公的な情報を活用し、さらに個別でハウスメーカーなどに調査してもらうと良いでしょう。

地盤の強度を調べるポイント

地震が発生したときの揺れは、地盤の強固な土地であれば比較的小さく、軟弱な地盤ならば大きくなる傾向があります。そこで国が公開している地形分類図、或いは土地条件図と呼ばれる地図を活用しましょう。その土地が低地や台地、埋め立て地のいずれに該当するかが確認できるので、土地選びの参考になります。これらはホームページからでも確認することが可能です。

水害発生のリスクを調べるポイント

津波や洪水や液状化といった水害は、海や川のそば、低地や埋め立て地などでリスクが高まるといわれています。これらのリスクに対する危険度は、各自治体が作成したハザードマップで公表されているので、事前に確認することが可能です。

建物の密集度を調べるポイント

大地震が発生した際には、火事などの二次災害が発生するリスクを避けなければなりません。このリスクは建物の密集度が大きく影響します。木造の建物が密集し火災で延焼するリスクが高い、道路が狭くて消火や救助がしにくいなど、周辺環境を考慮しなければなりません。災害に強い街並みであるかどうかは、実際にそのエリアを訪れてチェックしてみることをおすすめします。また自治体によっては、災害危険度などの情報を公開していることがあるので参考にしてみましょう。

3000万の家の種類は、新築の戸建て住宅や分譲住宅、建売住宅や中古戸建て住宅の色々な種類の住まいがあります。